中村です。

僕も現在利用していて、非常に重宝しているツールという事で
取り上げてみますが、こちらのツール。

リンクシェイカー(LinkShaker)

リンクシェイカー


■特定商取引法に基づく表記

販売者名 ネットガレージ 吉田勝
住所 千葉県佐倉市ユーカリが丘5-6-4-311
電話番号 043-376-7038
メールアドレス info@netgarage.co.jp


販売ページ

これはネット上にある無料サービスなどとは違い、
自身のサーバー上に設置して利用出来る、
自分専用、短縮URLツールですね。

これを利用する事により、様々な利便性が生まれますので
必要な人は導入をお勧めします(^^)

値段もそれほど高くないのでこれで「安心」と「便利」が
手に入るのならかなりお得・・・だと思います。


勿論、必要な人は必要だし、
必要じゃない人には全く必要ない(笑)

そんなツールなので、どんな人は不要でどんな人に必要か?
という事から見ていきます。

リンクシェイカーが必要な人とは?


まず不要な人から

●アドセンス系

●PPC系

●アダルト系


を実践している人。


そして必要な人

●ブログ・サイトアフィリ。

●情報商材アフィリ

●Twitter、Facebook系

●YouTube系(一部)

●DRM(メルマガ)


こんな感じですかね?


まぁ、リンクシェイカー云々ではなくて
どんな時に短縮URLが必要になるかって事ですけどね。

短縮URLが欲しい時!
それは・・・

  • 単純に見栄えをスッキリさせたい時!


  • リンク切れをなくしたい時!


  • 遷移する際の警告表示をなくしたい時!


  • 露骨なアフィリリンクを貼りたくない時!


まずは多くの人がこの辺りではないでしょうか。


基本用途はまずその名の通り長いURLを短くしたい時ですね。
これはTwitterやFacebookなど
SNSへの投稿の時に必要になります。


長いURLは見栄えが良くないですからね。
また、場合によっては
日本語の記事タイトルなどが含まれるURLになると
やたら長いものになってしまい
改行されて文字通りリンクが切れて(文字列が途絶えて)
しまう事があります。

こういった事を防ぐ事が可能です。


また、リンク切れをなくす。
これは膨大なサイトを管理していて
例えばあるリンク先が諸事情により変更になった場合
そのリンクが各記事に点在し30箇所に存在するとすれば
リンク切れを修正する為に30箇所全てをまわって
修正していかなければなりません。

しかし、この手間も無くす事が可能です。


また、遷移する際の警告表示を無くす。
これについてはある一定のアフィリリンクなどが
危険サイトのように見なされて警告表示が出る問題です。
これが出てしまうと、その先にあるコンテンツへのアクセスは
著しく下がってしまいます。

これもまた解決出来る訳ですね(^^)


また、アフィリリンクをカモフラージュする際にも
利用出来ますね。
別に悪い事をしている訳じゃないんですが(笑)
それとなく自然に行きたい時ってありますよね。

この辺りもちょっと知っている人だと
リンクURLにa8.netとかvaluecommerceとかの文字列が入っていると
「なんだよ、アフィリリンクかよ。ちっ・・・」みたいな(笑)
感じで、敬遠される事も考えられます。
これも解決可能。

ここまでがまず、そもそもの短縮URLのメリットですよね。


ただ、ここまでなら通常のネット検索で出てくる
無料短縮URLサービスを利用すればいいだけです。


ではそういった無料短縮URLサービスに比べて
リンクシェイカーの場合だとどういったメリットがあるのか?
という事ですが

リンクシェイカーを使うメリット


●突然のサービス停止などが無い。

●クリック解析が可能。

●ASPの枠を超えて一つの管理画面上で一括で管理できる。


こういった事が挙げられますね。


突然のサービス停止
これは無料サービスの最も怖い所ですね。
もっとも、Facebookの投稿に利用する程度の場合ですと
投稿の寿命は拡散してもせいぜい数日ですから、
それほど長く安定的に稼働してくれる必要はありません。

しかし長く安定して利用したい場合。
資産化したいサイトやよく使うアフィリリンクなどが
そのような環境では心もとないものです。

これがリンクシェイカーであれば
サーバーそのものが壊れてしまったりする事がない限り
コントロールはほぼ全てあなたの管理下におく事が出来るので
これまでの心配は全く無用です。


クリック解析が可能。

これは一度短縮URLを生成する際、一度に4つの
URLが生成されます。

リンクシェイカー3


これによりリンク先は同一でも、どこのリンク
をクリックしたものかが判別出来るので
クリック解析をする事も可能です。

ブログAにはこのURL
ブログBにはこのURL

と各媒体ごとに設置する事も可能ですし
メルマガの一通のメール内で
文章冒頭のリンクをA
文章末尾のリンクをB
としてどちらの反響が良かったか、
などのデータを取得する事が可能です。


ASPの枠を超えて管理出来る。
これはかなり便利ですね。
よく頻繁に紹介する商品があったとしても
複数のASPを使っている場合などは
「あれ? この商品どこのASPだったっけ?」
などとウロウロする場合もしばしば。
イチイチ管理画面に入ってアフィリコードを取得するのは
結構面倒なものです。

しかし、一度短縮URLを生成後の画面では
スッキリとすべて一つの管理画面上にまとまりますし
自分でカテゴリ分けも可能なので
フィルタをかけて探し出すのも簡単です。


ツールって設置が難しそうだけど?


確かに、ツールは設置が難しいものも沢山ありますが
リンクシェイカーの場合は相当簡単な部類です。
いやむしろ劇的に簡単と言ってもいいです。

設置方法もPDFにして大きめ文字でたったの20ページです。
(実質もっと体感的には少ないです)

FTPソフトを利用する事さえ出来れば後は超余裕です。

詐欺商材の売り文句じゃないですけど
たったの○ステップで完了!
みたいな感じですね(笑)

リンクシェイカーの動作確認済みサーバーは
以下の通りなので
こちらで可能であればOKです。

ロリポップレンタルサーバー
ヘテムルレンタルサーバー
エックスサーバー
カゴヤジャパン
CORESERVER.JP
お名前ドットコム
サクラレンタルサーバー
Xrea


リンクシェイカーは他の短縮URL作成ツールに比較して
動作が非常に軽いのも特徴です。
(他のツールだとモノによっては30件程度登録しただけで
管理画面に入るのも重くなってしまうものもあるのです)

リンクシェイカーに関しては
僕は全くストレス感じていません。

設置さえしてしまえば
リンクシェイカー2

こんな感じでサクサク利用出来ます。

さて、実践しているノウハウの種類によってなので
全く必要ない人には必要ないと思いますが
ここまでの説明でどこか当てはまる部分があるなー
という方は導入しておいて損はないと思いますよ(^^)

さて、ここまで、リンクシシェイカーを絶賛してきましたが
マニュアルに書いてない部分でちょっとこんな事も載っていたらいいよね?
と思った事もありましたので、
その部分を僕の方で補足させてもらいました。

リンクシェイカー購入者特典!


リンクシェイカーちょっといい話(*´ω`*)www
リンクシェイカー4

我ながら、ふざけたタイトルです・・・

しかし! ガッツリのボリュームがある訳ではありませんが、
意外と良いツボついた情報がお伝え出来るのでは、と思います(^^;)

  • マニュアルには載っていない
    サイトにイメージに合わせたリンクシェイカーの使い方

  • 或る瞬間に雲泥の差がつく、「仕掛け」とは?
    最初に気付いておくべきもうひとつのリンクシェイカーの使い方


こちらを無料でプレゼントします!!


勿論、これだけではありません。

さて、こちらの教材を僕から購入される方には
特典として購入者限定の僕の会員サイトへご招待致します!(^^)



会員サイト500


所定の手続きを踏んで購入して頂いた方全員に


人気No.1無料ブログテンプレート
KAETENパワーブログSEOテンプレートをプレゼント!

有料PING送信サービス「Be-Ping」の2ブログ永久利用権利!



その他多数の特典レポートを
購入者限定の会員サイトにてプレゼントしています(^^)





特典付きでの購入方法


下記の特典付きリンクより販売ページに移動して購入を完了してください。



特典付きでの購入はこちら




決済画面で下記の表示がされている事をご確認ください。


infotop決済



※上記の表示がされていれば、確実に特典をお受け取りいただけます。


その後、下記より特典申請をお願いします。


特典申請はこちら



では中村でした。

何か導入にあたって不安な事があれば気軽に聞いて下さいね(^^)

お問い合わせはコチラです。
http://affiliate-info.jp/?page_id=14

関連記事